2014年5月23日

東京の街 〜昔の新宿 淀橋〜


みなさま、こんにちは。
今回は慣れない歴史のお話で、説明がうまくなく恐縮ですが
どうぞおつきあい下さいませ。

弊社にて古いフィルムの編集をしていますと、国内外の色々な昔の景色を目にする事が多いのですが、
先日は、昭和初期の東京の景色を見る機会がありました。
今はビルやマンションが建ち並ぶ都会が、当時は2階建てアパートがひしめき合い、とても不思議な感じでした。

先日、西新宿に家族で食事に出かけたのですが、
70過ぎの東京生まれの父が「ここは昔は淀橋浄水場だった。」と言っていて
都庁の建ち並ぶビル群がまったく無かったとは信じれませんでした。

淀橋浄水場跡地 (現在の地図)ちょうど都庁のあたり

(淀橋浄水場 - Wikipedia より 画像下部の貯水池が淀橋浄水場[1960年頃])

淀橋(ヨドバシ)ときくと、あのヨドバシカメラ?と思いますが
渋谷で操業した「藤沢写真商会」が
昭和42年に新宿区淀橋にて「株式会社淀橋写真商会」を設立、
現在の「株式会社ヨドバシカメラ」になったのは昭和49年の事。
ヨドバシカメラ - Wikipedia

1965年(昭和40年)に淀橋浄水場が閉鎖され、新宿副都心の開発が始まったようです。

現在の都庁近辺

また、事業の一環として、昭和43年「新宿公園」が開園しました。
新宿駅から都庁へまっすぐ進んだ所にある、週末フリーマーケットが催され、緑がとても気持ちよい公園です。

こちらは元々、コニカ(現コニカミノルタ)の工場と淀橋浄水場の敷地にできたそうで、
公園の中央付近には「写真工業発祥の地」という碑文がたっていたり、
水が豊富なイメージを生かし、「新宿ナイアガラの滝」と「新宿白糸の滝」という
人口滝があったり。ひそかに新宿の歴史を感じる事ができる場所です。

新宿白糸の滝

---------------------------------------------------------------------------------
新宿副都心開発と都庁の移転(1965年~)

昭和40年代に入ると、新宿では1965年に淀橋浄水場が閉鎖され、
新宿副都心の開発が始まる。
そして、1971年の京王プラザホテル本館を皮切りに、新宿住友ビル、KDDビル、
新宿三井ビルなど、超高層ビルが林立するようになる。また新宿駅西口地下広場、
東口の地下街新宿サブナードの発展が始まったのもこの頃である。
かくして、1980年代には次のような状況が生まれるに至った。
Wikipedia「新宿」より引用)
---------------------------------------------------------------------------------

また、歌川広重の「名所江戸百景」でも描かれている「十二社池」も
副都心計画にて、昭和43年に埋め立てられていると知って少し衝撃。
ただ、昭和の頃まで、(全く同じ景色ではないかもしれませんが)
江戸時代の人と同じ景色を見ていたんだなぁと思うと、ロマンを感じますね。


普段、友人と遊んだり買い物をしたりなど、新宿に行く機会は多いのですが、
改めて調べてみると、色々知らない事が多くて驚きました。
そして父も、若い頃は同じ新宿で遊んでいたんだろうなぁと思うと新鮮でした。

来月の第三日曜日、6月15日は父の日なので
また父に会いに実家に帰りがてら、この話を聞いてみようと思います。
皆さんも是非ご家族で、想い出話に花をさかせてみてはいかがでしょうか。


〜その他リンク集〜
【東京の水道発祥】旧淀橋浄水場跡地のまとめ
東京アルバム
東京WEB写真館 東京いま・むかし | 東京都
新宿歴史博物館 データベース 写真で見る新宿
新宿新都心と淀橋浄水場|東京建設業協会
新宿のナイアガラの滝は浄水場の名残だった - エキサイトニュース


ギフトラッピング・ジャケットデザインも承っております。
古い記録を新しい記憶に
8mm・16mmフィルム、テープのDVD・データ変換はデジタルライトへ
父の日ギフト用に、想い出の映像をDVDにしてみませんか?
直前は混み合いますので、お早めに。ご来店、ご注文お待ちしております!

0 件のコメント:

人気の投稿