2014年1月16日

知っておきたい日本のガイドブック活用法

 
日頃、私たち日本人が海外に行くときには、その国の海外旅行用のガイドブックを手にしますが、その中には「生水を飲まないように」とか「トイレに紙を流してはいけない」「お皿は手に持たずに食べること」「ひったくりに注意」といった現地の注意などが書かれていると思います。
 逆に、日本に来る外国人旅行者が持っている日本の観光ガイドブックは、我々がそれを手に取ったり、目にする機会はないと思います。以前にその中には何が書かれているのか、自分達の知らない日本が書いてあるんではないかと気になって買ったことがあったのです。
その中には、渋谷のスクランブル交差点で記念撮影する外国人の謎、天下一品ラーメンで列をなす人の行動の謎など。
今回はその外国人観光客向けに作られた東京のガイドブックの中にはいったい何が書いてあったのかを少しご紹介したいと思います。






日本人について



Windy day Yokohama, 強風の横浜 / Ari Helminen


・日本人はシャイで目線を合わせることが嫌いなので、なるべく目線を合わせません。

・お辞儀はペコっと下げるもの、ちょっと体を曲げるもの、90度くらいまで頭を下げるものなど、お辞儀の種類が多い。

・日本人はエスカレーターに乗るとき左に立ち、右側を歩行する人に開けます。

・日本人は完璧主義者なので、英語をマスターしていない限り英語を話してはいけないと考えている。だから、いきなり道を聞こうとしても逃げられることがあるので、まずは相手の心の障壁を溶くために「kon-nichiwa(コンニチワ)」と言いましょう。

「suimasen(スミマセン)」はとても便利な言葉である。シチュエーションによって、I'm sorryだったり、Excuse meだったり、なんとThank youでもあるのだ。




通貨について


Top Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo / IvanWalsh.com


・日本の通貨は円(¥)および銀行券です。また、コインは容易に識別可能です。1円、5円、10円、50円、100円および500円のコインがあります。
また1000円、2000円、5000円および10000円の銀行券(2000年円の紙幣は、非常に例外的に見られます)。

・日本人は「y」音なしで、「en(エン)」として円を発音します。

・小さな個人店で3桁のものを買うとき、10000円札を出すと迷惑がられる。

・チップはいらない。

・土産物屋で観光客向けの二重設定などはまずないので、むやみにねぎらない。




旅行中の移動手段

 

・治安は安心。夜でもタクシーok

・英語が出来ない人が多いので、タクシー乗車拒否やホテル宿泊拒否が時々ある。

・日本のバス運転手には英語が通用しないので、交通手段としてはお薦めできない。



電車



local train / Garycycles4


・同じプラットホームから同じところに行くとは限らないから、方向に気をつけよう。

・『各停』『快速』『急行』『特急』『特快』などがあり、気をつけないと通過してしまう。

・朝早くと晩は、駅が混んで、さらに車中はゼロ距離接触になる。晩は酔っ払いも多いから気をつけて。

・「Suica」について自分の名前が書かれ、使い切ったらチャージができる。理論上は別人が使うことはできない。

・日本では電車のチカン(色魔)問題が厳重。特に混雑している時間はチカンのように見られないように注意が必要。

・電車内ではケータイをマナーモード(即震機)に。

・老人、妊婦、小さな子連れ、身体の不自由な人には車両ごとに優先席があって、すぐに席を譲るようになっている。

・女性専用車があり、男性は絶対に進入できない。

・日本人は冷えるのを嫌うので、弱冷房車がある。




マナー



Huntington Library Japanese Garden House 0050 / DominusVobiscum


・畳の上で靴やスリッパは決してはかない。

・家に入るときは靴を脱ぐので穴の開いたソックスははかないこと。

・人の家を訪問したとき、飾られているもの(例えば花瓶)をほめすぎないように(ほめすぎると、くれるかもしれないから)。




食事




Nihon Kai / chee.hong

 
・日本人は食事のマナーにうるさいので、気をつける。
・難しくても箸を使ってみると良い。それで失敗しても日本人は馬鹿にしたりはしない。



おしぼり



Place setting / Charles Haynes


日本料理店では、席に通されるとすぐに濡れタオルが差し出される。冬は熱く蒸してあり、夏は気持ち良く冷えているこのタオルは「オシボリ」と呼ばれ、手 を拭くためのものだが、よほど高級な店でなければ、男性は顔を拭いてもかまわない。ただし女性がそうするのは、はしたないことだと思われている。



飲食店



・レストランの前には蝋作りの食事のサンプルがあるので、注文しやすい。

・サンプルが汚れていたり色褪せている店は避けること。 外から見える部分に気を使わない店の厨房が奇麗であるはずがない。

・シャブシャブや鍋ものは、サンプルは二人前分なのに値段は一人前で表示してあることが多いので気をつけること。



ラーメン




Assari Ramen / Zanpei



ラーメンは日本人が好む大衆的な食べ物で、ラーメンレストランに行くと こってりあっさり」 を指定できるシステムになっているので好きな方を頼むと良い。




街並み、治安


・駅などでティッシュをもらえるが、悪質なセールスなどではないので心配いらない。

・東京で一番危険な場所は「外国人が多くタムロする場所




☆人気スポット 渋谷スクランブル交差点の楽しみ方


Shibuya Crossing at night. / Simon le nippon


1)渋谷TUTAYA など上からスクランブル交差点を行き交う人を見る
2)多くの人が行き交う中を実際にぶつからないように歩く(これがエキサイティング!)
3)行き交う人々を撮影!




ガイドブックは、日本や日本人の特徴を映し出す鏡として
日本にいるとなかなか気づきにくい日本の特徴がよく分かります。
改めて外国人が日本の何に魅力を感じているか、何となく感じることができます。

今後、オリンピックの年の前には、外国人観光客が更に増えるため、今後は日本の観光ガイドブック業界も盛んになってくるんではないかと想像しています。

人気の投稿